Ayur Interior 片岡すずみ Official site

Before/After

  • HOME »
  • Before/After

モニター様 Before & After

 

モニター様情報
京都市上京区在住 W.K 様 1Kマンション(8畳) 一人暮らし歴3年、一軒目 お仕事をしながら手芸作家を目指して創作中

 

お客様のご希望
  • 家に帰ってから「ほっと」できるような部屋にしてほしい
  • 作家活動ができるように、机の上に作業用のスペースがほしい
  • とにかく物が多いので持ち物を減らしたい
  • だけど捨てたくない物を無理やり捨てさせられるのは嫌
  • 押入れに入れづらいワンピースを掛けれるようにしたい
  • たくさんある本・マンガはなるべく捨てずに、取り出しやすく収納したい
  • 作品作りのための材料を整理して収納したい
  • 押入れにしまっているプリンタをすぐ使えるように設置する場所がほしい
  • 買っただけで使えていなかったオーディオを設置してほしい
  • 引越し前なので、あまり新しい物を購入したくない
  • 東欧の家のようなイメージの部屋にしたい

 

Before カーテンレールに服 引越し時のダンボール

カーテンレールに服 引越し時のダンボール

 

 

 

 

 

 

Before & After 写真  ※クリックすると画像が拡大
部屋全体
Before お部屋全体

Before お部屋全体

 
After お部屋全体

After お部屋全体

 

 

 

 

 

① 持ち物を減らすことができたので、三つあった棚の一つを押し入れへ移動
② 棚と机の間の物を片付けて、棚を机に寄せる→ワンピースを掛けるスペースの確保
③ 蛍光灯を白熱電球色に付け替え
④ 棚の上を片付けてオーディオを設置
⑤ 床の上に置かれていた小物を入れる引き出し2つを、棚の上段に収納(中は作品用の細かい材料)
⑥ とりあえずの収納として使っていた紙袋の中身を整理し、床に置く紙袋がなくなった
⑦ 物を減らすことができたので床に置いていたダンボールがなくなった→引越し時のダンボールをほとんど捨て、2つのみ簡易の収納として押入れで使用

 

机の上
Before 机の上

Before 机の上

 
After 机の上

After 机の上

 

 

 

 

 

④ 棚の上にスペースを作りオーディオを移動
⑧ 本はよく読むものは机下の棚に残し、他は押し入れへ
⑨ 机の上はパソコンとよく使う文房具、裁縫道具のみの状態に
⑩ 机の下に小さい台を置き、プリンターを設置(パソコンとのケーブルは机の後ろを通す)

 

押入れ
Before 押入れ

Before 押入れ

 
After 押入れ 上段

After 押入れ 上段

 
After 押入れ 下段

After 押入れ 下段

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

① 部屋の中で使っていた棚を上の段に入れて空間の有効活用
⑪ 制作した作品は軽いので、棚の上にダンボールに入れて置く
⑫ 長く着ていない服、古くなっている服を手放す
⑬ 出しっぱなしだった季節はずれの毛布は押入れの一番上の棚へ収納
⑭ 4段引き出しの手前を片付けて開けやすく
⑮ 引き出しに上から分類収納「部屋着・下着」「冬物セーター類」「夏物Tシャツ類」「タオル類」
⑯ 上段に置いていた青と赤の引き出しを下段におろし、その上に棚を載せる
⑰ よく読むマンガは、棚の中でも取り出しやすい位置に収納
⑱ 棚の上の取り出しにくいスペースはあまり使わない作品の材料を置く

 

手放せた物

 お片づけをして、お客様ご自身も驚くほどの物を減らすことができました。

手放せた物の一部

手放せた物の一部

この写真以外にもご実家で使うために送った物もあります。

それを合わせると部屋にあった物の約三分の一を手放すことができました。

実際お客様はこの三ヶ月後にお引越しをされたそうです。

「持ち物が減っていたので引越し準備がとても楽だった」と言っていただけました。

 

所要時間

作業時間:5時間✕2日(週末の土日を利用してのお片づけ)

※カウンセリング・お片づけ方法のレクチャー・お買い物の時間は含まず、作業時間のみ

作業メンバー:お客様、片岡すずみの2名

 

ご購入品
  • 木製の引き出し:After写真の机の上に置いている物(INOBUN河原町店にて購入 約4,000円)
  • 白熱灯色の蛍光灯(約2,000円)

 

ご感想

以前は毎日仕事から帰るとき、「またあの部屋に戻るのか~」と気分が重かったんです。それがほんとうに嫌でした。 机の上も狭く、ミシンを載せると他のものを置くスペースが全くなくなっていました。そのため創作活動もなかなか進みませんでした。また作品作りや家のことをしようと頭では思っているのですが、本やマンガが部屋に散らばっているので自然に目に入り、ついついそれらを読んで時間が過ぎていくことが多くありました。でも昔から片付けが苦手で、引っ越してきた時のダンボールもそのまま床においたままでした。一人では最後まで片付けれる自信もなく、どんどん散らかっていく一方。そして、どこをどうすればオシャレで使い勝手の良い部屋になるのかもわかりませんでした。

お片づけを一緒にしてもらって本当に正解でした。最初はどうなることかと思いましたが、一緒に作業してくれる方がいるだけでモチベーションが全然違いますね。逃げられない状況のおかげで、途中で放り出すこともなくできました。

自分ではいると思込んでいたけど、改めて考えることでいらないとわかる物がたくさんありました。作業しながらすずみさんに「どういうふうに使いますか?」や「それを持っていることが好きですか?」と質問してもらったり、他の人の選び方を教わることができたからだと思います。物を選ぶ価値観が前より明確になった気がします。

あれからいろいろなことが便利になりました。 特に机の下にプリンターを置くというのが気に入っています。そんな発想は自分では思つきまませんでした。 また、机の上が広くなったので作業もしやすいですし、作った作品の撮影もできるようになりました!

なにより、片づいている部屋って気持ちがいいですね。偶然翌月に友達が遊びに来たのですが、部屋が片付いていて本当に良かったです。

 

友達を呼びたくなる部屋を一緒に作れる個別サービスはこちらから
PAGETOP